2009年08月19日

ソフトバンクモバイルら、聴覚障害者向け要約筆記の協力団体募集

筑波技術大学、ソフトバンクモバイル、NPO法人長野サマライズ・センター、群馬大学、東京大学は8月17日、聴覚障害者を対象にした本格提供に向け、協力団体を募集すると発表した。
 モバイル型遠隔情報保障システムとは、聴覚障害者が講義などを受ける際、通訳者が連携して話者の言葉をPC画面に字幕化する「PC要約筆記」を、携帯電話を使って遠隔地から行うというもの。
音声情報を文字情報に変換するなど、代替手段を用いた情報提供が可能な「情報保障者」の立場から、システムの評価に協力できる団体を募集する。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(携帯・モバイルニュース にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form